10.植物研究が見極める《奇跡の力》

   2018/07/13

同じ植物でも生育環境に違いがあれば、含有する活性成分の質や量が大きく異なります。たとえば紫外線が強く乾燥も激しい過酷な環境下で生き抜く植物と穏やかな環境下で育つ植物とでは、その活性力に歴然とした差が生まれます。これは、どのような環境においてもその土地に適応するよう特有の活性成分を多くつくり出すからです。自らが進化し、長い年月をかけて生み出された、まさに植物が持つ奇跡の力と言えます。

つまり、最高品質の活性成分にこだわるのであれば、植物を取り巻く生育環境、その土地の伝承医学、そして先進科学に基づく観点で、植物の活性力を研究する必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!