16.水分は補給&キープが大切

   2018/07/12

身体に必要な水分をどんどん摂ればいい?それは違います。身体は常に一定量の水分がキープされ、余分な水分は尿として排泄されてしまいます。さらに、一回の水分補給で身体が吸収できる量は30分間に200ミリリットルくらいといわれています。とくに、喉が渇いたからといって真水をガブ飲みするのは注意が必要です。体内の水分には、神経細胞や筋肉細胞の働きに関わるなど、身体の働きを正常に保つために必要なカリウム、ナトリウム、カルシウムなどの電解質が多く含まれています。一度にたくさんの水分を補給してしまうと、身体で吸収できなかった余分な水分の排出とともに、この大切な電解質までもが流れ出てしまい、身体の正常な機能が保たれなくなってしまいます。

正しい水分補給とは、喉が渇いたときに一気に補うのではなく、こまめに補給することです。ただし、ジュースはもちろん、スポーツドリンクなどは、大量に飲むと糖質の過剰摂取につながり、生活習慣病や美容トラブルを招く肥満や糖化反応が起こりやすくなるので注意が必要です。日常的な水分補給はミネラルを中心に行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!